2010年1月23日

Firefox 3.6 の「ポータブル版」をインストール!

Webブラウザ「Firefox」の最新版「Firefox 3.6」が昨日公開された。

「Firefox 3.6」公開、プラグインチェックなど新機能を搭載
INTERNET Watch 2010.01.22)

レンダリングエンジンには、「Gecko 1.9.2」を採用。JavaScriptの実行速度も、Firefox 3.5に比べて20%以上高速化した。このほか、HTML5/CSS3への対応強化、ダウンロードフォントでのWOFF(Web Open Font Format)への対応、加速度センサーAPIへの対応などを行っており、Windows 7にも正式に対応した。

私はWebブラウザには「Internet Explorer(IE)」を愛用してきたのだが、「バージョン7(IE7)」以降の「重さ」が気に入らず、何とか使わずに済むように抵抗してきた(→関連記事「IE7を削除してIE6に戻した!」)。

だが、メインで使うようになったノートPCのOSが「Windows Vista」で「IE7」がバンドルされているので、「IE」を使いたければ「IE7」以降を使わざるを得なくなってしまった。そこで、思い切って「Firefox」に移行し、それ以来「Firefox派」になっている。

ただ、拡張機能をいくつか導入するなどカスタマイズしている環境を壊したくないという理由で、一つ前のバージョン「Firefox 3.5」にアップグレードせずに旧バージョン「Firefox 3.0」を使い続けてきた。

今回リリースされた「Firefox 3.6」は、ブラウザの外観を即時変更できる新しいテーマ機能(というよりもスキン機能?)が目玉機能のようだが、個人的には「スキン」という「見栄え」よりも、JavaScriptの高速化という点が魅力的だ。「Firefox 3.5」に対して「いろいろと新しくなった反面、処理も重たくなっている」という偏見を持っていたことも旧バージョンである「Firefox 3.0」を使い続ける理由にしていたので、「高速化」というキーワードには弱い(笑)

かといって、バージョンアップで拡張機能が動かなくなって使い物にならなくなっても困る。そこで、オンラインソフト紹介サイト「窓の杜」で紹介されていた、インストールメディアにインストール情報や設定、拡張機能などを保存するために既存バージョンと共存できる「ポータブル版(Mozilla Firefox, Portable Edition)」をインストールしてみた。

PortableApps.com、USBメモリで持ち運べる「Firefox 3.6」のポータブル版を公開
INTERNET Watch 2010.01.22)

さまざまなソフトをUSBメモリで持ち運べるように改良し、“ポータブル版”として提供しているPortableApps.comは21日、「Firefox」v3.6のポータブル版「Mozilla Firefox, Portable Edition」v3.6を公開した。

元々は「USBメモリ」などの外部メディアにインストールし持ち運ぶことで、移動先でも同じ環境で利用できるというメリットがある「ポータブル版」だが、ローカルのHDDにインストールして通常版を同様に使うこともできる。

ただし、PC上で別にインストールされている「Firefox」が先に実行されていると、競合が発生して「ポータブル版」を実行できない。つまり、先にインストール済みの「Firefox」と「共存」はできるが「同時実行」はできない。このため、旧バージョンで設定を見ながら新バージョン(ポータブル版)の設定をすることができずに、環境設定に時間がかかってしまった。

なお、ポータブル版の環境設定中に、旧バージョンで使用していた拡張機能が全て「Firefox 3.6」に対応していることがわかり、直接アップグレードしても問題なかったことが判明したが、「動かねー」とハマった場合に状況を切り分けるためには、やはり旧環境が残っていることはありがたい。

また、ポータブル版ならば、いったん環境設定すれば、そのまま別のPCに設定を含めて丸ごと持って行けるので、他のPCでも同じ設定でブラウザを動作させたい場合や、クリーンインストールする場合など後々便利になるだろう。

で、「魅力的」だった「JavaScriptの高速化」だが、よく分からない(笑) 確かにブラウザの体感速度は速くなっているが、それが「JavaScriptの高速化」によるものかどうかは分からない。単にインストールしたてなので軽いだけかもしれないし。まあ、サクサク動くようになったので、新バージョンに移行して正解だったかなと思う。

■ひまにあ日記関連記事

2010年1月19日

携帯メールに地図と周辺情報を返してくれる「ALPSLAB here」

GPS搭載ケータイには、GPSで測位した位置情報(現在地、測位履歴)をメール本文へ引用して(正確に言えば「位置情報の地図画像をブラウザで表示するためのURLを貼り付けて)送信できる機能(auGPSメールソフトバンクS!GPSナビ)、NTTドコモ:名無し?)が用意されている。

この位置情報を引用したメールを送ると地図画像を返信してくれるような地図サービスがあれば、メール以外のパケット料金がかからずにメール定額プランを活用できるなあと考え、なければ、「Googleマップ」などを組み合わせて自作してみようとしていたが、既にそんなサービスが存在した。

アルプス社、携帯電話からのメール送信で周辺情報を取得できるサービス
BB Watch 2007.12.20)

「ALPSLAB here」は、GPS対応の携帯電話で現在地のGPS情報をメール本文に貼り付けて同サービス宛てに送信すると、現在地の周辺情報が返信されるサービス。返信メールは装飾メールで送られるため、メール画面上で現在地の地図を表示できる。

早速、メール定額プラン「メール使いホーダイ」を契約している「FOMA N906iL」で現在位置をGPS測位して「ALPSLAB here」のメールアドレスへメールを送信すると、地図画像と最寄り駅等の周辺情報へのリンクがワラワラと張られたメールが返信されてきた。周辺情報多すぎ!だが、周辺のコンビニ情報は便利かもしれない。詳細情報はリンクを踏んでブラウザを立ち上げる必要があるのでメールだけで完結しないが、地図画像を見るだけならばパケット通信はメール定額の範囲内で収まる。

もちろん、auでもソフトバンクからのGPS位置情報引用メールにも対応している。手持ちのソフトバンク端末は「メール定額」ではないので(「メールし放題」の「プリモバイル」は解約したので)試していないが、メール定額プラン「ガンガンメール」契約の「Premier3」では試した。

ここで注意が必要なのは「au端末はGPS測位時にパケット通信が発生する(パケット料金がかかる)」という点である。適切なページではないが「Run&Walk」の「FAQ」から引用すると「Q.自動でGPS測位を行う場合に通信料は発生しますか?」→「A.GPS測位1回目は位置取得に伴うサーバー通信を行うので通信料金がかかりますが、2回目以降の測位では通信料金は発生しません。」となっている。

「GPSメール」への位置情報引用の場合は、「Run&Walk」のように連続してGPS測位するわけではないので、おそらく「毎度GPS測位1回目」となってパケット通信が発生するのではないかと思われる。

実際にPremier3を「電波OFFモードON(ややこしい)」に設定して、GPSで現在位置を測位しようとすると「電波OFFモードなので通信できない」とメッセージが出て先へ進めない。電波OFFにするとGPS機能を無効にすると解釈していたが、位置情報取得処理で通信が発生するので、電波OFFだと動かないようにも解釈できる。

まあ、パケット料金といっても微々たるもの(数円程度)なので、たまに現在地周辺の地図が見たい時があるという用途ならば問題ないだろう。

さて、せっかく(今頃?)存在を知った「ALPSLAB here」だが、なんと今年(2010年)3月末予定でサービスを終了してしまうとのこと。「ALPSLAB」サービス全体が終了してしまうのだ。いくつかのサービスは移行サービスが存在するが「ALPSLAB here」の継続予定はないようだ(「ALPSLABサービス終了のお知らせ」)。

うーん、残念だな。やっぱり、自作することになるか。

2010年1月18日

FOMAの通信障害に遭遇!

本日の夕方、メールの送受信をした後、再度メールを送信しようとしたら、「しばらくお待ちください」と表示されてメール送信失敗となってしまった。

動画添付メールの送りすぎで通信規制されてしまったか!と焦ったが、NTTドコモの公式サイトを見て通信障害が発生していることがわかって一安心(?)

ドコモ、18日午後に首都圏で通信障害
ケータイWatch 2010.01.18)

NTTドコモは、1月18日15時30分頃?17時21分頃まで、東京都西部・神奈川県横浜市/川崎市・埼玉県の一部で、通信障害が発生していたことを明らかにした。

いやいや、私がメールが送れなくなったのは17時45分なんですが...。ドコモの公式サイトの「通信状況のお知らせ」にも「午後5時21分頃に回復いたしました。」とか書いてあるけど、18時20分頃までパケット通信も音声通話もできなかった。

あと、通信障害は15時30分頃から発生していたようだが、この時間帯に緊急な用件の電話がかかってくることがあるので、通じずに相手が困ってなかったかヒヤヒヤしてしまった。どうやら今回の通信障害時間帯には何事もなかったようだが、非常用に別のケータイの番号も教えておいた方がよいかなあ。

2010年1月17日

故障したルータ(BLR3-TX4)が復活した?

新年早々に動作不安定になった有線ブロードバンドルータ(バッファロー BLR3-TX4)だが(→関連記事「「ブロードバンドルータ」が故障? 」)、その後、動作不安定の原因と考えられる「WANの切り替えスイッチ」をカチャカチャ連打したところ、途切れることもなく接続できるようになったので、置き換え得ていたルータ(アイオーデータ NP-BBRS)から元に戻した。その後、2週間近く運用しているが、動作は安定している。

まあ、一時的にスイッチの接触不良が解消されているだけなのだが、これで「BLR3-TX4」には、まだしばらく頑張ってもらえそうだ。故障を理由にして買い換えられずに残念だが(笑)

■ひまにあ日記関連記事